お問い合わせ
秋田雨雀・土方与志記念青年劇場付属養成所

先輩の声

清原達之
きよはらたつし・第25期卒

清原達之 イメージ

私は、1993年に秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場の養成所に入所した。
東京の養成所ではさぞかし、生き馬の目を抜く世界が待っているとひそかに緊張していたのだが、実際に行ってみると少人数のせいもあってか、あたたかな仲のよいグループといった感じで、訳あって皆より遅れて入所した私を優しく迎え入れてくれた。いささか拍子抜けしたのをよく覚えている。
演技基礎、体操、声楽、バレエ、日舞、狂言、その他様々なカリキュラムは私にとって初の経験となるものがほとんどだったので、非常に興味深かった。
人間がこんなにも身体で音を響かせる事ができるのかと、声楽の先生の大きくのびやかな歌声に驚いた。元来、バレエやジャズダンスといったものをやるのは気恥ずかしい事だと思っていたのだが、どうせやるのだからコソコソと小さくなってやる方が何となく情けなく、格好が悪いと思い、あえてノリノリでやってみるとなんだかひどく楽しくなり新たな世界が見えた気がした。日舞、狂言なども同様に楽しんでやる事でいろんなものを見つけた気がした。
自分の身体と心が変化していくのがとても面白かった。
入団後も常に新たなものを吸収して自分の世界を広げて行く作業は続いている。

「キネマの神様」 イメージ
「キネマの神様」(原田マハ=原作(文春文庫) 高橋正圀=脚本 藤井ごう=演出)新村穣役(左)

最近の主な出演作品

  • ・「キネマの神様」新村穣(原田マハ=原作(文春文庫)、高橋正國=脚本、藤井ごう=演出)
  • ・「郡上の立百姓」定次郎(こばやしひろし=作、藤井ごう=演出)
  • ・「みすてられた島」児島国彦(中津留章仁=作・演出)
  • ・「島」栗原学(堀田清美=作、藤井ごう=演出)
  • ・新国立劇場「ヘンリー5世」マイケル・ウィリアムズ他(ウィリアム・シェイクスピア=作、小田島雄志=訳、鵜山仁=演出)

藤代梓
ふじしろあずさ・第39期卒

藤代梓 イメージ

「将来、どうしよう」
そんな風に考えていた高校2年生の夏に、たまたま青年劇場の「博士の愛した数式」を観ました。汗だくで目一杯舞台を動く役者さんに一気に惹かれ、この時の出会いを機に演劇の道を志すことにしました。専門学校を経て、改めて養成所で学んだ一年間はとても貴重な時間でした。
身体的な面は勿論、精神面での部分でも芝居との向き合い方にハッと気付かされることがとても多かったです。稽古だけでなく、一から小道具やセットの仕込みを劇団員と一緒に作り上げることが出来たこと、一人では芝居は出来ないということを痛烈に感じた一年間でした。
入団して早10年になろうとしていますが、養成所の一年間は今でも強烈に胸に残っています。

「あの夏の絵」 イメージ
「あの夏の絵」(福山啓子=作・演出)工藤奈々役(右)

最近の主な出演作品

  • ・「あの夏の絵」工藤奈々(福山啓子=作・演出)
  • ・「キネマの神様」柳沢清音(原田マハ=原作(文春文庫)、高橋正國=脚本、藤井ごう=演出)
  • ・「オールライト」藤城エリカ(瀬戸山美咲=作、藤井ごう=演出)
  • ・「野球部員、舞台に立つ!」カナ(福山啓子=作・演出)

林田悠佑
はやしだゆうすけ・第40期卒

林田悠佑 イメージ

楽しいことをしたいなという軽い気持ちで演劇の知識も無く養成所に入ったのを覚えています。
まさにゼロから始まった演劇修行は私にとって経験したことのないものばかりで楽しいこともあれば難しく苦しいこともありました。ですが、講師の方々が丁寧に教えてくださり1人で抱え込むこともなく無事卒業することができました。
そんな私は今「きみはいくさに征ったけれど」という舞台に出演し各地を巡演しています。このページを見ているあなたももしかしたら出会っているかもしれません。演劇は見る側も創る側も豊かな心を育む力を持っています。一緒に豊かな心を育み楽しい時間を過ごしましょう。

「きみはいくさに征ったけれど」 イメージ
「きみはいくさに征ったけれど」(大西弘記=作 関根信一=演出)来生宮斗役(左)

最近の主な出演作品

  • ・「きみはいくさに征ったけれど」来生宮斗(大西弘記=作、関根信一=演出)
  • ・「あの夏の絵」飯島篤人(福山啓子=作・演出)
  • ・「アトリエ」プレス工・ジャン(ジャン=クロード・グランベール=作、大間知靖子=訳、藤井ごう=演出)
  • ・「梅子とよっちゃん」実吉捷郎/友田恭助(福山啓子=作、瀬戸山美咲=演出)
PAGE TOP